このエントリーをはてなブックマークに追加
ENTRY
求人広告から仕事の内容を読み取るコツ

薬剤師と管理薬剤師

薬剤師の求人は非常に多く、毎週日曜日の朝刊に入る求人広告やインターネットで検索すると多くの求人が目に止まります。
それも私が住んでいる近い場所にある薬局なので驚きます。
薬剤師と言う仕事は給料が大変高いと言う印象があって私は密かに薬剤師に憧れているのですが現実は厳しいようです。
何故、薬剤師の求人が非常に多いのかと言うと厳しい仕事の内容や、苦労して薬剤師と言う資格を取ったにも関わらず自分の思い描いた仕事の内容ではなかったという声が多くあります。
更に仕事に見合った給料が貰えないと言う不満も多いと聞きます。
聞くのと見るのとでは大違いと言う事なのでしょうか。
又、法律が改正されて全国に多くあるドラッグストアなどでは効用の高い薬を販売する為には薬剤師が必要で全国のドラッグストアが薬剤師を欲しがっているのも薬剤師の求人が多い理由の一つとなっています。
薬剤師の求人と共に管理薬剤師の求人も気になる所です。
管理薬剤師と言うのは薬事法によって薬局やドラッグストアなどの店舗、薬を製造する工場では拠点ごとに一人責任者を置く事が義務付けられていて、その責任者を管理薬剤師と呼んでいます。
管理薬剤師は薬剤師の資格を持つ人でないといけません。
例えば薬局には必ず管理薬剤師がいて店舗を管理監督しています。
経営者と同じかそれ以上の責任があります。
工場に至っては工場長よりの上の立場です。
薬剤師よりも立場は上で経営までも左右する重要な役割を持つ職業です。

Copyright (C)2018求人広告から仕事の内容を読み取るコツ.All rights reserved.