このエントリーをはてなブックマークに追加
ENTRY
求人広告から仕事の内容を読み取るコツ

パートと派遣

正社員よりもパートや派遣の求人は圧倒的に多くあります。
私が就職活動をしていた時に正社員の求人は少なくて応募しても不採用の通知が届く度に正社員の道は諦めパートか派遣で働くのも一つの方法だと思った事がありました。
パートも派遣も給与体系は時給で派遣の方が少し時給が高いけれど働く事が出来るのならば、どっちでもいいや!と簡単に考えていました。
パートと派遣の大きな違いは雇い主の違いです。
パートの雇い主は実際に働く会社で、派遣の雇い主は派遣会社です。
時給の交渉や職場の環境などに不満がある場合、パートだと直接会社に交渉しなければなりませんが、派遣の場合は全て派遣会社がやってくれます。
更に派遣は会社にとって外部の人になるので扱いはある程度丁寧ですが、会社に取って「即戦力」が目的で雇われているのでスキルが必要です。
スキルの派遣は社員からも会社からも大切にされますが、スキルがないと判断されるとすぐに別の派遣にチェンジされてしまいます。
パートだとサービス残業もある程度は仕方ありませんが、派遣の場合は派遣会社がきちんと管理してくれるのでサービス残業は全くありません。
同じような仕事の内容だとパートよりも派遣の方がスキルが必要になるので時給が高くなるようです。
こんな風に考えるとパートよりも派遣の方が良い様に思われます。
只、スキルのない人はパートの方が就職が楽かも知れません。
そして派遣は派遣会社のレンタル商品みたいなもので自分が働く事によって派遣会社が儲かる仕組みになっています。

RECOMMEND

Copyright (C)2018求人広告から仕事の内容を読み取るコツ.All rights reserved.