このエントリーをはてなブックマークに追加
ENTRY
求人広告から仕事の内容を読み取るコツ

介護の仕事に向いている人

求人広告の中でもひときわ目を引くのが介護職の求人が非常に多い事です。
老人福祉施設の勤務している私の職場にも「介護職の求人を見たのですが…」と言う電話が多くあります。
介護の業界は常に人手不足で求人が多く応募してくる人も非常に多いのです。
一体どんな人が介護の仕事に向いているのかを考えてみます。
一番には「聞き上手」です。
特に自宅介護の方は人と話をする機会が極端に少ない為です。
自宅介護の方は常に誰かに話を聞いてほしいと思っていて、話をきいて貰うだけで気持ちが落ち着き穏やかになられる方が多くいらっしゃいます。
又、認知症の方は何度も同じ話を繰り返すので忍耐強く聞いてあげる事の出来る広い心も必要です。
二番目には「柔軟な対応力」です。
利用者の日常のお世話をするのですが自分のやり方ではなく利用者を尊重した利用者一人一人にあったやり方をしなければなりません。
三番目には「気長な人」です。
お年寄りは動きが非常にゆっくりです。
その利用者のスピードに合わせて気長に接しなければなりません。
時間がないから急ぐ!事は厳禁で急がすことは転倒や誤飲などの事故に繋がり取り返しのつかない事になる事もあります。
他にも些細な事を余り気にしない大らかな性格の人も向いていると思います。
お年寄りが好きな人も介護の仕事は向いていると思いますが何よりも利用者の事を一番に考える事が出来る人で、かなりの覚悟がないと介護の仕事を続けて行く事は出来ません。
毎日、介護の仕事を目の当たりにして大変な仕事だと感じています。

Copyright (C)2018求人広告から仕事の内容を読み取るコツ.All rights reserved.